◆彼女だけの名画 ブログ「言葉美術館」 路子倶楽部

●美術エッセイ『彼女だけの名画』10:ロンドン、ピカソのブルー

 

 

 

 夜明けの色。

 恋に悩んで眠れぬ夜、明け方、疲れた目にどんよりと映った空。暗いブルー。

 彼と朝まで飲んで歌って、浮かれて歩いた街、見上げた空。透き通るようなブルー。

 私は、夜明けの空の色が大好きで、ただそれを見るためだけに、眠らないでいることもある。

 今日の夜明けも、素敵だった。

 私の仕事部屋の窓枠は青色。自分でペンキを塗った。それが見えなくなるのが嫌で、カーテンをつけないでいる。

 その窓に、ふと光を感じて、ワープロの手を休めた。外を見ると、深いブルーの空が、木々や建物に覆い被さるようにして、あった。

 この音楽を聴くといつも彼を思い出す、とか、雨が降るとあの日を思い出す、ということがあるように、明けてゆく空を見ると私は一枚の絵を思い出す。そして、去年の夏、ロンドンのホテルの窓から見たあの色も。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

-◆彼女だけの名画, ブログ「言葉美術館」, 路子倶楽部