ブログ「言葉美術館」

■■毬谷友子とたましいの静謐■■

2016/06/11

Performance_img_2s寺山修司の脚本、毬谷友子が主演。「くるみ割り人形」。

行かないわけにはいかないわ、と出かけてきた吉祥寺。

いくつもの表情をもつ毬谷友子の、今回は妖艶さがぐんと際立ってた、とっても私好みのお芝居だった。

途中、想い出しただけでも、いつもふるえちゃう「アコーディオン弾き」を、いつものピアノ弾き語りでなく、全身で歌っている彼女を見たとき、この数分だけでも価値がある、と両の手を握りしめた。

お芝居は出演者の方々のお芝居にかける熱が満ちていて、感動を誘った。

とっても面白かったけれど、たぶん、私にもっと知識があったならもっと楽しめるだろうな、あたりがちょっと悔しかった。

それでも寺山修司のファンとしては、セリフの一つ一つが、ただそれだけで愛しい。

一番前の席で舞台をほとんど凝視していた。

情熱をもつこと、そしてそれを表現するということ。

胸が熱くなった。

私も生が続く限り、それをしたい。とめずらしく決意めいた想いが胸に芽生えた。記念に髪の色を変えて、短く切った。

 

2012年のテーマは静謐。

もちろん、行動ではなく、精神の静謐。そこから言葉を生みだしたい。

   

-ブログ「言葉美術館」