ブログ「言葉美術館」

■■強烈に不在している■■

2016/06/11

Pinaちゃんと聴いていなかったから、誰が言った言葉なのかわからない。

ラジオから流れ出る音に「ピナ・バウシュ」を聴いて、注意を傾けた。

ピナが亡くなって3年。

「あなたにとってピナはどんな存在ですか?」

みたいな質問に、その人は答えた。

強烈に不在しています」と。

その言葉を耳にしたとき、胸を強く突かれて動揺した。

愛とはその人の不在を強く感じること

と言ったのはサガンだけれど、私もまったく同じように感じている。

一緒にいるときに、「ああ、好きだなあ」って思える陽的な愛の実感もいいものだけど、その人がいないときに「なぜ、ここにいないの」と唇をかみしめたくなるほどに強く不在を実感するのも悪くない。

自分がその人のことをこんなに好きなんだ、と愕然とするくらいの驚きが、いい。

美しいものを観たときふれたときに、「なぜ、ここにいないの」はくる。

美は愛に近い。

だけど私は自分がこの世からなくなったら、誰にとっても「強烈に不在している」ひとではありたくない。

-ブログ「言葉美術館」