ブログ「言葉美術館」

■■『サガンという生き方』重版のお知らせに想う■■

2016/06/11

51xgxsqv7nlシャネルは現在12版、マリリンもすぐに重版。

覚悟のうえとはいえ、サガンのことはちょっとさびしく思っていた。

だから、昨夕、編集者さんからお電話いただいたときには、路上で大きな声をあげてしまったくらいに、嬉しかった。

もちろん、どの本も、それぞれに思い入れはある。

けれど、サガンは、私自身の文学への想いが、あんまり遠慮しないで、こめられている。

だから、友人知人、そして読者の方々から、『サガンという生き方』に対して、よいかんじの感想をもらうと、自分の存在意義を確認できたときみたいな充足感安堵感があった。

この本を貫いているのは、「知性」。

「序章 サガン哲学を知っていますか?」に目を通して、ああ、私はあのとき、ほんとうに「こういう人たち」に私のサガンを届けたかったんだなあ、としみじみした。

なので、以下、抜粋。

***

「説教臭ゼロで、サガンはじつにエレガントにものごとの本質をつく。

そしてその類まれな文学的才能で人間の真実を、鋭く、繊細に、美しい言葉で描き出す。

その言葉には嘘がなく、人生についての根本的な問いかけがある。

サガン独特の生き方があらわれている。

それは「サガン哲学」と呼ぶべき水準のものだと私は思う。

そしてこの「サガン哲学」、ある種の人たちにとっては、とても心に響くと思う。

内面的に揺れ動いている人たち。

 

つねに自問している人たち。

 

この恋愛もいつかは終わる、と熱愛中にも客観視してしまう人たち。

 

偏見を嫌う人たち。

 

想像力の大切さを知っている人たち。

 

慣例に盲従する人を見ると苛つく人たち。

 

集団狂気(マス・ヒステリア)に用心している人たち。

 

陰影のある人たち。

 

そして、精神的に豊かな生き方をしたいと願っている人たち。

 

そういう人たちに、私はサガンを、「サガン哲学」を届けたい。

***

ひとりでも多くの「そういう人たち」に、私のサガンが届きますように。

-ブログ「言葉美術館」