ブログ「言葉美術館」

■■恋よりも幸せなこと■■

2016/06/11

51jxagg2nkl佐野元春がナビゲーターをつとめる番組を偶然に観た。

最初のほうで、その番組の趣旨みたいなものが流れて、ソングライターは現代の詩人だ、みたいなことを言っていて、「言葉」にフォーカスしているところに興味をもった。

それで、私が観た日のゲストがなかにし礼だった。

なかにし礼は作家としても知られていて、小説は読んでいないけれど、エッセイ『恋愛100の法則』は何度も読んだ。

そこからあらわれるなかにし礼という人は、強烈に恋愛体質の男だった。

ふたりのトークにはかなりひきこまれた。

身体が前のめりになるかんじ。

途中、いくつかの定型質問のなかで、もっとも幸せを感じることは?(楽しいことは?だったかな)があり、なかにし礼は即座に「恋」と答えた。

彼はもう70代半ば、聴衆は学生さんだったから、きっと、その答えを聞いたとき、彼らは、なかにし礼の「過去のもの」としてその答えを受け取ったかもしれなかった。

けれど、私にはわかる。

なかにし礼は、現在の自分のものとして答えたのだ。彼はいまでもきっと、恋に溺れる。

さ て、「恋」という答えを聞いた直後、佐野元春は質問を重ねた。

「いいものを創ったときとどちらが幸せですか?」

なかにし礼は即答した。

「いいものを創ったとき」。

そのときの彼の表情を見た瞬間、突然に胸をつかれてしまった。

そこには創作者の孤独があった。

(セリフはすべて私の記憶によるものなので、多少違っていると思う)

そんなわけで『恋愛100の法則』を読み返した。

「不倫」というタイトルのなかから、一部紹介。

「そう、人間には情熱というものがあり、それは時々ある対象をみつけて燃えあがらないではいられない。大抵の場合不倫という恋をする。

遅すぎた恋、ままならぬ恋、一緒に暮らせない恋、許されない恋、人の道に背き、つらく苦しく、胸かきむしる恋。嫉妬にもだえ、絶望に身を焼く恋。(略)

がしかし、いかに真剣だったとしても、この二人が結婚でもして一緒に暮らしたりすれば、退屈な日常生活が始まり、愛は確かに育っていくかもしれないが、やはり人間はそれだけでは満足はできず、行き場を失った情熱は「恋がしたい、恋がしたい」とわがままを言いだすのである

これは仕方のないことなのだ。

人間に情熱というものがあるかぎり。

男も女も。」

「倫」を「明鏡国語辞典」で調べてみた。

「人としてふみおこなうべき道」とあった。

以前は「不倫」という言葉にすごく抵抗していた。

恋愛そのものが狂気なんだから「人のみち」とか「道徳」とか「倫理」なんてないでしょう、なんで「不倫」になるわけ? 

というかんじの反発だった。

今は、ずいぶん抵抗がなくなった。

不倫は不倫。

契約としての結婚という制度がある社会に住む限り、不倫はグリコのおまけみたいに、もれなくついてくるもの。

日本中のひとに、「いま、恋愛中のひと!」って手をあげてもらって、そのなかで「いわゆる不倫をしているひと!」ってさらに手を上げてもらったら、何パーセントくらいになるのだろうか。

かなりの数になるのではないかと私は思っている。

みんな大なり小なり苦しんでいる。

恋愛しない退屈よりも恋愛で苦しむほうを選んだひとたち。

幸せを感じる瞬間が多く訪れますように。

そんなふうに誰かにいのりたくなる、けだるさが残る金曜日。

-ブログ「言葉美術館」