◇おしらせ

◇おしらせ 「ハーパーズ・バザー」のこと

2016/06/25

___1発売されたばかりのHarper's BAZAAR(ハーパーズ・バザー)2014年9月号に寄稿しています。毎号、興味深い特集が組まれる「THE LEGACY」、今号のテーマは「バザーを飾った美しきミューズたち」ということで、お話をいただきました。 バザーは140年もの伝統を誇る雑誌。シャネルの人生を書いているときにも、「ハーパーズ・バザー」誌がシャネルを支持した(これで評価が定まった)・・・、みたいなかんじで登場し、私にとっては特別な雑誌なので、とても嬉しかったです。 ___2「The CONTRIBUTORS」ではきらびやかな方々とならんでご紹介いただきましたが、紹介文のなかに「・・・など、徹底したリサーチをもとに数々のミューズ本を執筆。そんな彼女の目に、セレブリティはどう映るのか」といったくだりがあり、「ミューズ本! とってもしっくりくる表現!」なんて思ったりしました。自分のしていることを他の人からさらっと言ってもらえたときの快楽がここに。   ___32そして、記事のタイトルは「私がセレブリティの人生を書き続ける理由」~ミューズに焦点を当てた著書で知られる作家、山口路子がその胸中を明かす~。 個人的なことを書かせていただきました。 パーソナルな内容を求めます、という編集者さんのお言葉があって、書くことができました。 さいきん、「私たちってなに? 私は私のことしか知らない」って言葉が頭を占拠している時間が多くなって、「私たち」が使いにくくなってきているのです・・・。 ともかく、みなさま。ぜひ、ハーパーズ・バザーをご覧ください。

-◇おしらせ