◇おしらせ

◇エディット・ピアフ生誕100年記念コンサート 熊本公演

Img_2364 エディット・ピアフ生誕100年記念コンサート 熊本公演のご報告です。

フェイスブック調のまま、というかフェイスブックと全く同じ文章です。
***

ごきげんよう。もうだめばた的な日々が猛スピードで過ぎて、気づけば12日間もみなさまにお会いしていませんでした。けれど、ときにはこんなふうに離れ離れになるのもよいかもしれませんわね。だって、ほら、こんなに新鮮。

雨の東京、みなさまはいかがおすごしでしょうか。

今日は「エディット・ピアフ生誕100年記念コンサート 熊本公演」のご報告。

Img_2298_2 熊本で、ピアフ。ひとことで言えば、とってもビビットな体験でございました。

私、これからライフワークのひとつにしていこうと思っている「語りと音楽」のこと、とても好きだと思ったわ。

朗読って、通常のトークイベントとぜんぜん違って、なにか……まったく別世界にいるみたいな感覚になって……アブナイ、あるいは、イケナイ恍惚が……あるみたい……

Img_2358_4 熊本のみなさまは殿方もご婦人も、とってもあたたかかった。

私、みなさまのあたたかさにふれて、もっとよいひとにならなくっちゃ、って思ったくらい。

というわけで本日の言葉のプレゼントは、もちろんピアフから。

最後の最後、南フランスで療養しながら、もう立てないくらImg_2328_4 いの状態で、それでも次の仕事の計画に夢中だったころの言葉。

「みんなが忘れようとしても忘れられないステージにするために磨きをかけなくちゃね」

ええ。すっかりその気になっている私なのでございました。もともとその気になりやすいのよ。1218日の銀座シグナス、1219日の自由が丘ラマンダ、1228日のサントリーホール、全部の力を注ぐ気概だけはあるのでございます。

写真は書店でのトークイベントの
様子、ドルチェでの公演の様子はピアニストで主催者の大羽洋子さんと。(目を閉じているのは洋子さんの演奏にうっとりとしているのよ)。

それから、くまもんと花束はあたたかな方々からのプレゼント。


-◇おしらせ