*フェイスブック記事 ◇おしらせ

*FB*オードリーのカレンダー

Img_1153_2_2 ごきげんよう。

熊本ピアフ公演のときにご縁があった方々の投稿は、ほんとに力強く、私はそこに人間の底力みたいなものを見て、胸を熱くするのでございました。

四月の終わる火曜日の昼下がり

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

今日はオードリーのカレンダーのお話でございます。

ミキプルーンの会社(←なんて言い方しちゃだめね、三基商事株式会社ってお名前なの)、2015年のカレンダーは「シャネルの言葉とパリの花々」というテーマ。

Img_1156_2 そして2016年のカレンダーは「オードリーの言葉とパリの花々」。

このお話をはじめていただいたとき、2015年のシャネルのカレンダーのときね、嬉しかった。

2年目のオードリーも、ほんとうに嬉しかった。

そして先日、3年目、つまり2017年は「サガンでお願いしたい」とご連絡があり、もう、飛び上がるほどに嬉しかったのでございました。

だって。サガンのカレンダーなんて、私みたことないもの。 

きっと、担当の方が、「山口路子の生き方シリーズ」を愛してくださっているのだわ。

なんてしあわせなの。

大好きミキプルーン♡

というわけで、本日の言葉のプレゼントは、4月のチューリップのお隣にあるものから。

わたしはいつも、頭のすぐ上にあるものに

手をのばしてきました。

それがつかめたのは、

わたしがつかむチャンスを逃さなかったから、

そしてものすごく頑張ったからだと思います。

何でも簡単には手に入らないのです」 オードリー・ヘップバーン

-*フェイスブック記事, ◇おしらせ