▽映画

◎ラスト、コーション◎

2016/10/20


Last_3

平日の朝9時15分の回だったのに、8割近くの席が埋まっていた。日比谷シャンテシネで私は久々に映画にのめりこんだ。

濃厚な性のシーンが話題、というのもすごく楽しみだったけれど、なんたって主演がトニー・レオン。早く見たくてうずうずしていたのだった。

トニー・レオンの魅力が全開で、くらくらした。彼はやはり目だけで女を別世界にいざなうことができる男。それを再確認。

そして、深く激しい情念の、世界。
男と女の不滅の絆の世界。

ラスト、美しきヒロインのぎりぎりの選択に胸うたれた。

こうでなくては。

生きていてつまらない。というか、むしろ、そうでないやりかたは、生きている、と言ってはいけないのではないか。

とまで思わせる映画だった。

日常に熱い焼き石が投げ込まれたみたいになった。

-▽映画