//カテゴリ毎に違う画像を表示

「アナイス・ニンという生き方」 一覧

◆アナイス 杉崎和子(『エロス幻論』付録の水色の小冊子)

■アナイス 杉崎和子■  日本語の「縁」とは、英語で何といえばいいのか、何十年も ...

◆アナイスのように

 アナイスのドキュメンタリー映像のための原稿を書くことになり、けれど長い時間をか ...

◆立ち直りの足がかりと「異邦人」

   内に内に向かって突き進み、どこまで掘って掘って掘りまくれば気が済むのか。と ...

◆「私が今年したこと」と石川啄木

   とにかく体も頭もふにゃふにゃで、ぜんぜんだめ。今年が終わろうとしているけど ...

◆―◆―◆―2.私の軽井沢、「夏」―◆―◆―◆

 水が滴り落ちるのではないかと思うほどに、いきいきとした木々の緑が、瞳にたいへん ...

◆メイ・サートン『回復まで』と無限の距離

自分が思っていることをそのまま言える相手というのは、存在しない。思っていることの ...

*FB*プルースト、路子サロン

ごきげんよう。追われて追われていつしかこんな時間に……。秋だと思わせておいて、ず ...

◆アナイスとマリリンの共通点

 昨日書いた記事の続きのような内容になるのだが、『リノット』の杉崎和子先生による ...

◆アナイスとマリリンとミューズ、そして母と娘

  想いが、千々に乱れている。 もういや。「そんな状態続けてると、そのうち体まで ...

■母の誕生日■

9月14日は母の80歳の誕生日だった。母は30歳で私を産んでいるから計算がしやす ...