//カテゴリ毎に違う画像を表示

「ブログ「言葉美術館」」 一覧

■「個人のたたかい 金子光晴の詩と真実」 茨木のり子■

        「すぐれた芸術家は、若いころの処女作のなかに、一生かかって成しと ...

◎ルー・サロメ 善悪の彼岸◎

2007/09/19   -▽映画

 「君は何をしているの?」 「私は……生きたいわ」監督がリリアーナ・カヴァーニ、 ...

■破棄した原稿 「日記」 高橋たか子■

「あのいくらかたどたどしい筆致で表現されたもののほうこそ、生身の私の人間観がこも ...

サガン■「愛という名の孤独」

 「不幸からは人間は何も学びません、不幸は人に大打撃を与えるだけです。人を瀬戸際 ...

■生命のシンボル 「言葉の箱」 辻邦生■

「結局、小説の魅力は、そうした作家の一人ひとりが、自分の心のなかで、これぞ生命の ...

■暴力を孕んだ瞬間 「『外科室』の解説」 川村二郎■

「だが、たとえ長い時間をかけて成長したり衰弱したりするにしても、少なくとも愛が発 ...

■「ひとを<嫌う>ということ」 中島義道■

「ひとを嫌うことをやめることはできませんが(そして、その必要もないのですが)、自 ...

■圧倒的な美 「セルジュ・ルタンス―夢幻の旅の記録」■

セルジュ・ルタンス。 「フランスの知性、哲人」と称されるアーティスト。 資生堂の ...

■サンギーヌ 「プレヴェール詩集」 小笠原豊樹 訳■

「ファスナーが稲妻のようにきみの腰を滑り  きみの恋する肉体の幸福な嵐が  くら ...

◎ウインブルドン◎

2007/09/03   -▽映画

 「自分が何者なのか、決意して」ようやく「その季節」となったというのに冷めてしま ...