//カテゴリ毎に違う画像を表示

「ブログ「言葉美術館」」 一覧

■クリスマスの愛 「人はなんで生きるか」トルストイ■

「わたしは、すべてのひとは自分のことを考える心ではなく、愛によって生きているのだ ...

■生まれつきのもの 「美の死」 久世光彦■

  「だいたい色っぽいということは、男なら<生勃え(なまおえ)>、女 ...

■中山可穂■「ケッヘル」

 「真に人間らしい人生とは、中心に愛のある人生のことだ。 誰かをひたむきに愛し、 ...

■ぎりぎりまで 「強く生きる言葉」 岡本太郎■

   「どんなことがあっても、自分がまちがっていたとか、心をいれかえるとか、そう ...

■情熱です 「不実な美女か貞淑な醜女か」米原万里■

「そして、通訳にとって、最も必要とされる素質とは、二つの言語にまたがる正確な知識 ...

■醜と美 「遊女クラリモンドの恋」 野内良三 編訳■

「美は一つだ。醜のみが多様なのだ」 フランス・愛の短編集。とのサブタイトルがつい ...

■安吾■「坂口安吾 百歳の異端児」

「君は小説よりエッセーのほうがいいね。何かにつけてこれを言われ、ああそうだとも、 ...

■中山可穂■「熱帯感傷旅行」

 「なぜわたしはこんなところで、ひとりっきりで、こんなにも美しいものを見なければ ...

■魂の武器 「夜と霧」 フランクル■

「ユーモアも自分を見失わないための魂の武器だ。 ユーモアとは、知られているように ...

◎恋愛日記◎

2006/10/24   -▽映画

「書くこと。それはどんな形であれ、他人に裁かれることだ」DVDで鑑賞。足フェチで ...