//カテゴリ毎に違う画像を表示

「ブログ「言葉美術館」」 一覧

■安吾■「坂口安吾 百歳の異端児」

「君は小説よりエッセーのほうがいいね。何かにつけてこれを言われ、ああそうだとも、 ...

■中山可穂■「熱帯感傷旅行」

 「なぜわたしはこんなところで、ひとりっきりで、こんなにも美しいものを見なければ ...

■魂の武器 「夜と霧」 フランクル■

「ユーモアも自分を見失わないための魂の武器だ。 ユーモアとは、知られているように ...

◎恋愛日記◎

2006/10/24   -▽映画

「書くこと。それはどんな形であれ、他人に裁かれることだ」DVDで鑑賞。足フェチで ...

■大庭みな子■「続 女の男性論」

「疑いもなしに生き、伸びて行こうとするもののさまを見つめるとき、後ずさりし、言葉 ...

■不機嫌は怠惰 「若きウェルテルの悩み」 ゲーテ■

「不機嫌は怠惰と似たものです。その一種です。われわれの性情はともするとそれに傾き ...

■問題は自分自身 「ロレンス短編集」 ロレンス■

「問題は自分自身ね。自分が自分自身であり叉自分自身の神に仕えているかどうかという ...

■すべては意志のせい 「孤独について」 中島義道■

「ニーチェの不可解きわまる思想のうち、私がごく最近了解し始めたことがある。 それ ...

■大庭みな子■「女の男性論」

「欲望にまつわる哀しさや歓びを知らない人間は魅力がない。美食をしたこともなければ ...

■個性の消滅 「ユニコーン」 アイリス・マードック■

「彼は時々自分がマックスに恐れの感情を抱いていることに気がついた。 彼が恐れるの ...