//カテゴリ毎に違う画像を表示

「ブログ「言葉美術館」」 一覧

■自衛 「セルフ・ポートレイト」 マン・レイ■

「わたしは多くの友人たちの死に際していきどおりを覚えた。……(略)……親しくして ...

■幸福のある場所 「雪の道」 辻邦生■

「だからその文化とか歴史とかいうことが、私には何となく空疎な考えのように思えてき ...

■不足時の慰め 「わが悲しき娼婦たちの思い出」 ガルシア・マルケス■

「セックスというのは、愛が不足しているときに慰めになるだけのことだよ」 90歳の ...

■自分からの逃走 「部族虐殺 夜明けの新聞の匂い」 曽野綾子■

「自分がそのことをどう考える、のではない。 他の人も、程度の差こそあれ似たような ...

■満足のノルマ 「魔女の一ダース」 米原万里■

「上昇志向の強い人間は、なかなか幸せになりにくい。 幸せとは自分を見つめる、もう ...

■クリスマスの愛 「人はなんで生きるか」トルストイ■

「わたしは、すべてのひとは自分のことを考える心ではなく、愛によって生きているのだ ...

■生まれつきのもの 「美の死」 久世光彦■

  「だいたい色っぽいということは、男なら<生勃え(なまおえ)>、女 ...

■中山可穂■「ケッヘル」

 「真に人間らしい人生とは、中心に愛のある人生のことだ。 誰かをひたむきに愛し、 ...

■ぎりぎりまで 「強く生きる言葉」 岡本太郎■

   「どんなことがあっても、自分がまちがっていたとか、心をいれかえるとか、そう ...

■情熱です 「不実な美女か貞淑な醜女か」米原万里■

「そして、通訳にとって、最も必要とされる素質とは、二つの言語にまたがる正確な知識 ...