//カテゴリ毎に違う画像を表示

「ブログ「言葉美術館」」 一覧

■ぎりぎりまで 「強く生きる言葉」 岡本太郎■

   「どんなことがあっても、自分がまちがっていたとか、心をいれかえるとか、そう ...

■情熱です 「不実な美女か貞淑な醜女か」米原万里■

「そして、通訳にとって、最も必要とされる素質とは、二つの言語にまたがる正確な知識 ...

■醜と美 「遊女クラリモンドの恋」 野内良三 編訳■

「美は一つだ。醜のみが多様なのだ」 フランス・愛の短編集。とのサブタイトルがつい ...

■安吾■「坂口安吾 百歳の異端児」

「君は小説よりエッセーのほうがいいね。何かにつけてこれを言われ、ああそうだとも、 ...

■中山可穂■「熱帯感傷旅行」

 「なぜわたしはこんなところで、ひとりっきりで、こんなにも美しいものを見なければ ...

■魂の武器 「夜と霧」 フランクル■

「ユーモアも自分を見失わないための魂の武器だ。 ユーモアとは、知られているように ...

◎恋愛日記◎

2006/10/24   -▽映画

「書くこと。それはどんな形であれ、他人に裁かれることだ」DVDで鑑賞。足フェチで ...

■大庭みな子■「続 女の男性論」

「疑いもなしに生き、伸びて行こうとするもののさまを見つめるとき、後ずさりし、言葉 ...

■不機嫌は怠惰 「若きウェルテルの悩み」 ゲーテ■

「不機嫌は怠惰と似たものです。その一種です。われわれの性情はともするとそれに傾き ...

■問題は自分自身 「ロレンス短編集」 ロレンス■

「問題は自分自身ね。自分が自分自身であり叉自分自身の神に仕えているかどうかという ...