ゆかいな仲間たち よいこの映画時間

☆25本目『パリジェンヌ ーソフィー』

2020/02/06


【あらすじ】

ある日、母親の恋人が書いたラブレターを拾った18歳のソフィー(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、その手紙を使い、クラスメイトを相手に、ある計画を思いつく。
その帰り道、翌日に音楽コンクールで使用するギターが壊れてしまったと嘆いている歌手志望のジャン(ジョニー・アリディ)に出会う。

短編オムニバス映画。カトリーヌ・ドヌーヴが出演しているのは、4本目「ソフィー」。


路子
路子
ソフィーとジャンの関係が、本当に短い時間で表現されていたわね。

本当に短い。30分無いくらいでした。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
2人の間で共感するものだったりが、短い時間なのに、とてもよく分かる。

いくらでも長く出来るのに、短時間に凝縮出来るって、やっぱり凄いですよ。削るのって、とっても大変ですもん。ドヌーヴは、この作品ではじめて主演を演じたんですよね?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
これが初主演なのね!
しかもロジェ・ヴァディムが原案なんですって。
ロジェ・ヴァディムは、この作品の翌年に作られ、ドヌーヴも出演した「悪徳の栄え」を撮った監督。ドヌーヴとパートナーだった時期があったけれど、結婚はしていない。ドヌーヴの息子 クリスチャン・ヴァディムのお父さんでもある。ブリジッド・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダを作った男、と言われていて、彼女達は、彼に会った事で、女として花開いていく。有名な話があって、彼女達に「家にいる時は、下着を付けるな」って言っていたの。そうする事で、エロティックな感じを出させていったんですって。ジェーン・フォンダって言うと…。

エアロビのイメージですよね。私の母が昔それを観ながら踊っていて、階下に住む管理人に、うるさい!って怒られていました(笑)。
りきマルソー
りきマルソー


路子
路子
ドヌーブは高校生役なのね。


路子
路子
かわいかった!

かわいかった!
りきマルソー
りきマルソー


こんなドヌーヴって…。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
あまり見ない。

こういう風に無邪気に笑うんですね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう、笑顔がすごく素敵。


路子
路子
かわいい!

かわいい!
りきマルソー
りきマルソー


路子
路子
ツイストを踊っている時も。初々しさがあるわね。

ずっとニヤニヤしながら観ちゃいました。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
私も! 微笑ましい! 楽しい!

時より見せる大人っぽさと、少女らしさの両方が見え隠れしていて、子どもと大人との境で揺れ動く18歳の少女の姿が、上手く表現されていましたね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
若いことに負い目を持っているようにも見える。若いのを自慢している訳ではなく、早く大人になりたいと、思っているような感じ。

フランスってそういう意識がありますよね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう。パーティーに行っても、お母さんのような色っぽさが自分には無い、と感じている。それはやっぱり若さ故もあるから。だから、18歳という年齢に対して、劣等感を感じているように見える。ちょっとツッパってる感じもするしね。


路子
路子
ソフィーの家に行った時、ジャンは彼女に何もせず、すぐに帰ろうとするでしょう? そこでソフィーは彼を引き止めて、「帰らないで 私のそばにいて」って言うけれど、ちゃんと言葉にしてそう言えるのが羨ましい。

親が家にいない事が多くて、その寂しさがあるから引き止めたんですよね? 「涙は出なくても 心で泣くこともある」って言っちゃうくらい、寂しい日々を送っているから、きっと泣いてたんでしょうね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
うん、そうだと思う。次の日に歌の大会を控えているのに、帰らないで、ソフィーの側にいてあげるジャンの優しさも良い。はじめてふたりが出逢ったとき彼は泣いていて、そのとき「寂しくて涙が出てきた」と言ってる。そういう感情の持ち主だからこそ、ソフィーの涙の意味が分かったのね。

だだっ広い家だから、寂しさも倍増しますよね。あんな家にひとりぼっちでいたら、本当に寂しくなっちゃう。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうよー。「愛に身を委ねているけれど、ふしだらな人ではない」と、認めている部分があるから、母親を否定することはしたくない。けれど、やっぱりひとりぼっちの時間が多いから、とても寂しく思ってる。家に沢山ある人形は、そういった寂しさや、少女性の象徴だと思う。これだけ寂しい想いを味わってきた女性が、その後どうなっていくかが、とても気になる。すごく過剰なものを求めていくのか、それとも、寂しさに慣れているから、ちょっと諦めみたいな気持ちを持っていくのか。りきちゃんはどちらだと思う?

どっちだろう…。私なら転げ落ちる方ですかね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
どこまでも。今までの渇望を満たしてやるー!って感じ? それで彼は満身創痍になりながらも関係を続けて、凄い曲を作っていくとかね(笑)。

やだーそんなの!(笑)。
路子さんはどちらですか?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
私は…前だったら、同じく転げ落ちる方だったけれど、今は諦めの方に行くと思う。


ソフィーには、若さ故の危険への甘さみたいなものがありますよね。はじめて会う男の家にいきなり入って行くし、扉を閉められたら危ないかも…って私達が思うような事も、なんとも思ってない。若さってそういうのを乗り越えちゃったりしますよね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
若さだけではなく、経験の無さもあると思う。何かで危険な目にあった、ということを、恐らくまだ経験していないから、そういった事に対しての危機感が少ない。無防備。例えば、ジャンが悪い人で、傷つくことがあったら、次は警戒するだろうけれど。

路子
路子
私、大学1年生の時って、まだ誰とも付き合ったことは無かったの。そんな時代に新歓コンパに参加した時、一番家が近い、ひとつ上の先輩が送ってくれたの。家の前まで送ってもらったから、礼儀として、「送って頂いたので、部屋でコーヒーでもいかがですか?」って言ったの。そしたら先輩が、「こんな夜遅くに、男の人を家に入れちゃダメだよ。」って。

(笑)。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
信頼している、という以前の問題なのよ。

当時の路子は何も知らなかったんですね!
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう。育ちがそうさせたのかは分からないけれど、お礼としておもてなしをしなきゃいけない、と思っていたから。でも先輩は、この子はまだ何も知らないんだな、という感じで笑いながら、「今後の為に言っておくけれど、そういうことはしちゃダメですよ。」って余裕な態度だった。ソフィーを見て、そんなことも思い出しちゃった

色々と知りたい年頃でもあるんですよね。友達や同級生よりも、男性経験が少ないように見えるし、今まで抑えられていた何かが爆発したようにも見える。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
今、経験をして大人になりたい、という気持ちも、きっとあったのね。


路子
路子
ジャンが電車に乗っているシーンでは、向かいの席に置いているギターを、「僕の恋人の分身なんです」って言うけれど、そういう所からも、これから2人がきっと上手くいくだろうな、というのが分かる。その席をそういう理由で、笑って譲らないのが、フランス的な感じね(笑)。

うん(笑)。
それを周りの乗客も笑って見てるのが良いですよね。日本だったら嫌な顔されますもんね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう。私は、ああいうの好き!

ソフィーが友達にからかわれているラストシーンは、ジャンと恋人になったから、余裕のある表情なんですよね。何を言われても気にしないという顔。大人に一歩近づいた感じ。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう! これは大・オススメな作品ね。非常に素晴らしい短編。ちなみにオムニバスの中の4話目ですよ、みなさん!

パッと観られますし!
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
素晴らしい短編小説を読んだ後に似ている気分だったわ!




~今回の映画~
『パリジェンヌ ーソフィー』 1962年1月 フランス
監督:マレク・アレグル
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ジョニー・アリディ

-ゆかいな仲間たち, よいこの映画時間