ゆかいな仲間たち よいこの映画時間

☆30本目『哀しみのトリスターナ』

2020/02/06


【あらすじ】

母親を亡くし、ドン・ロペ(フェルナンド・レイ)の養女となったトリスターナ(カトリーヌ・ドヌーヴ)。
次第に彼はトリスターナを娘ではなく、ひとりの女性として見るようになる。
しかし、トリスターナは、画家のオラシオ(フランコ・ネロ)と出会い、ロペの元を離れる決意をする。


色恋ジジイの物語。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
端的に言えばそうね(笑)。

はじめはトリスターナも、養ってもらっているという気持ちが強かったから、恩返し的な気持ちでロペと関係を持ったのかもしれない。でもそれがどんどん嫌になっていく。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そして立場が逆転。好きと思っている方が、立場が弱くなっていくという、よくあるパターンね。


そんな時に、トリスターナは画家のオラシオと駆け落ちしちゃう。幸せな暮らしをしていたふたりだけれど、何故か彼からの求婚を断り続ける。しまいには足の病気になり、彼女の希望でロペの元へ戻ってくる。手術で足を切断した後に、オラシオはお見舞いに来るけれど、トリスターナは…。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
もうオラシオへの気持ちが離れている。

それなのにトリスターナは「次はいつ来るの?」「私を愛してないから ここに連れて来た」とか言ったりしてる。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
でも、そこで言い争っているのを見ると、ふたりがもう上手くいってないということが分かるわね。


初夜の日に、ロペがルンルン気分で香水つけて準備をしているのに、トリスターナは「何抜かすの? いい年して 思い違いもいいとこ!」って馬鹿にするような笑いで、部屋に閉じこもっちゃうんですよね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
一緒に寝てあげないのよね。初夜の晩に、ヒゲを整えたり、香水をつけたりしているのって、「ヴェニスに死す」を思い出す。美少年のタジオに振り向いてもらうために、作曲家がお化粧をしたりしているのに似ていて、哀愁を感じたの。老いていく人が精一杯のオシャレをして、ルルン、ルルンって待っているのに、あの時のトリスターナの態度! あれはちょっとサディズムが入っているわよね? いじめることで、喜びを感じてる。

復讐もありますよね?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
でも何に対しての復讐? 若い時に身体の関係を持たされ、生活を縛られていたことに対しての? 私、よくよく考えてみたのだけれど、ロペって、そんなにひどいことしてないわよね?

してたんじゃないんですか?? そうじゃなきゃ、そんなに嫌がります?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
私はそんなにしてないと思うけどなあ。

この男、気持ち悪い!とか。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
それはしょうがないじゃないの(笑)。


中年の人が相手だったら、そこまで嫌だとは思わなかったのかも。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
年齢なのかしら? ロペは何歳ぐらいの設定なのかしらね。トリスターナは10代の設定だけれども。

結構ヨボヨボでしたよね。映画の中でも老人扱いされているし。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
あの時代は、早くヨボヨボになるわよ。何となく、トリスターナと関係を持った時は、まだ40代ぐらいだった気がする。

そんなに若いんですか?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
うん。あの時代って、寿命も短いし、今より10歳以上下に見ていかないと、分からなくなるのよね。だから、初夜の時は、せいぜい60代ぐらいよ。

しつこさがすごくないですか? 事あるごとに、すぐ触ろうとしたり。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
だって好きなんだからしょうがないじゃないの!(笑)。 何てイジワルなの。トリスターナみたい!

あっはっは!!!(笑)。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
ロペは非常にかわいそうだと思いながら、わたくしは観ていましたのよ!


路子
路子
邪気が無いまま死に至らしめるとか聞くけれど、トリスターナはそういうのとは違うのよね。

確信犯。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうそう。

確実に成熟していますもんね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
彼女は何が欲しかったのかしら。自由?

お金では無いような気はします。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
そうなのよね。でも、自由なら、他のところにいれば自由だものね。

だから自由でもない。
りきマルソー
りきマルソー

(特別ゲストの谷さんが登場!)話を聞いていると、支配している感じが欲しいのかな、と思ったんですけど。
ひさし
ひさし

路子
路子
それもあると思う。病気で戻ったというのも、もちろんあるけれど、サディズム的な傾向があって、その喜びが忘れられなくて、戻ってきたのかもしれない。

路子
路子
柱が沢山立っている回廊で、「どの柱がお好き?」と、ロペに尋ねるシーンがあるでしょう? 彼は「どれも全て同じだ」と、言うけれど、彼女は「同じ物なんてない 必ず違いがある。葡萄でも雪片でも皆違うから、私はいつも好きな方を選ぶ。」と、答えてる。これは、彼女の特性を表していると思ったの。ラストのシーンでは雪が降っていたけれど、死にかけている人を横目にしても、そんなことを思っていたのかな、と私はイメージした。この場面での彼女の表情はすごく怖かった。冷酷というのとも少し違う。本当に性格が悪い、残酷さを感じた。

直接攻撃をする訳でもないんですよね。年老いていく人を、精神的にじわじわ追い詰めていく。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
無邪気にやっている訳でも無いのよね。だから余計にトリスターナが怖い。彼女には、あからさまな悪意と、憎しみがある。ロペを見る軽蔑のまなざしや、ラストの、彼の死を何とも思っていないような感じが、ゾクッとする。

暗い廊下でずっと歩行の練習をしているシーンも、異様な光景でしたね。
りきマルソー
りきマルソー


私、2階の窓から、庭師として働くお手伝いさんの息子に対して、ガウンを開いて裸を見せる時の蔑むような表情が好きなんです。たまらないですよね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
蔑みの笑みよね。口角は上がっているもの。

目が全然笑ってない。オゾン監督の『スイミング・プール』で、下にいる庭師のおじいさんに対して、2階からシャーロット・ランプリングが服を脱いで挑発するシーンがありますけど、それに似ていましたね。オマージュですかね。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
あったわね! きっとオマージュね!

どちらも目線に特徴がありますが、あのシーンだけで言えば、ドヌーヴの方が良かった。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
ランプリングのまなざしの方が、まだ優しさを感じるわね。


ラストのシーンだけ、トリスターナの化粧がすごく濃いなって思ったんですよね。映画全体を通して見ると、他のシーンとは違う化粧の仕方。
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
だからあんなに怖かったのかしら。凄みのような…。

それもあるかもしれませんね。
りきマルソー
りきマルソー


路子
路子
性悪ってよく言うけれど、トリスターナは、根本の部分に「悪」というものがある女性だと思う。色々な境遇があり、積極的に何かをしているわけではないけれど、彼女の中心にあるものは、「善」では無く、絶対に「悪」よ。

お母さんが亡くなる前からですか?
りきマルソー
りきマルソー

路子
路子
多分、生まれた時から。もちろん環境も影響しているとは思うけれど、人間のそういう部分は、生まれつきだと思う。私にとって、トリスターナは本当に恐ろしい人間だった。ドヌーヴは、トリスターナが一番自分に近いって言ってるの。クールビューティーと言われたり、目だけは笑ってない、冷たいとか言われてきているけれど、男に対してこんな風だったのかなって思うと、本当に怖い。ある種の人にとっては、たまらない魅力かもしれないわね。




~今回の映画~
『哀しみのトリスターナ』 1970年3月 イタリア・フランス・スペイン
監督:ルイス・ブニュエル
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/フランコ・ネロ/フェルナンド・レイ

-ゆかいな仲間たち, よいこの映画時間