MODEな軽井沢

◆「挑発」が成功の鍵。ピエール・カルダン◆2009.1.5

2017/09/13

美輪明宏氏は、かつてピエール・カルダンにこんな質問をしました。

日本の美意識についてどう思いますか。

カルダンは答えました。

「手がつけられないくらい完成している。ゴッホも、ゴーギャンも、ロートレックも、マネも、日本の美術に対しては敬服していたのがよくわかる。ただし、洋服を着るとそれがどうしてあんなに変になるのか」
(「人生・愛と美の法則」より)


とほほ……。

……。

さて。


ピエール・カルダンといえば、バブルドレス、宇宙ルック、四角い袖などなど。


どれも奇想天外で、発表するたびにジャーナリストたちの注目をあつめてきました。

そのカルダン、デザイナーとしてだけではなく、有能なビジネスマンとしても有名です。

たとえば、ライセンス方式をファッション界に持ち込んだ元祖はカルダン(今や世界百十数カ国にまたがる約900のライセンス収入がある)、

ユニセックス時代の到来を見越して、デザイナーとして最初にメンズを手がけたのもカルダン、

モードの大衆化を予感してデザイナーとして最初にプレタポルテ(高級既製服)を手がけたのもカルダン。

こういったことが「カルダンは、ビジネスマンで、もはやクリエーターではない!」という悪口も作り出しています。

さて、私個人的にはピエール・カルダンといえば、ジャンヌ・モローとつなげたいところです。

泣く子も黙るフランスの名女優ジャンヌ・モローは恋多き女ですが、若かりし頃、カルダンと同棲していたことがあります。

ジャンヌ・モローの危険な魅力が画面からあふれる映画「エヴァの匂い」、この映画の衣装を担当したのがカルダン。
それまではシャネル一色だったジャンヌ・モロー、以後はカルダン一色となるのです。


二人の出逢いについての、ジャンヌ・モローの言葉。

「一目ぼれだった。彼がホモセクシャルだということは知っていたわ。でも彼にわたしを愛させることができることもわかっていたの」

ふたりのつきあいは五年続き、カルダンはジャンヌ・モローとともにパリ・シックを体現したのです。

昨年2008年の10月。
8年間の沈黙を破り、ピエール・カルダンは、南仏で2009年春夏コレクションを発表しました。

白髪のカルダンは快活にインタビューに答えます。

「当時、時代のリーダーになったのは僕のデザインがとても挑発的だったからだよ」

興味のある方は「ピエールカルダンジャパン」へどうぞ。動画も充実、とっても楽しめます。

参:「世界のスターデザイナー43」

-MODEな軽井沢