ブログ「言葉美術館」

■すべては意志のせい 「孤独について」 中島義道■

2016/05/19

Img_4a0f4d6479a777f8bc8d96577a68480 「ニーチェの不可解きわまる思想のうち、私がごく最近了解し始めたことがある。

それは『何ごとも起こったことを肯定せよ

一度起こったことはそれを永遠回繰り返すことを肯定せよ』」

という「運命愛」と名づけられている思想である。

つまり、私に起こったことすべてを「私の意志がもたらしたもの」として捉えなおすことだ。」

中島氏の著作は、たいてい、面白い。私は好きだ。

「孤独について」のサブタイトルは「生きるのが困難な人々へ」。

ニーチェの「運命愛」についてのくだりは、現在の私に強く響いた。

このところ身の回りに起こっている、人との出逢い、摩擦、失望、恐れ、ときどき悦び、再び失望……といった事柄も、「すべて、私の意思がもたらしたもの、すべて、私が選びとったもの」と考えれば、なにやら、そんな気もしてくる。

もちろん、すごく無理をしなければそう思えないこともあるけれど。

いいえ。そうなのだ。すべて自分の意思がもたらしたものなのだ。

そのように、うなずくことができるときは、いつもよりも視線が冷酷になる。

おどおどとした色がなくなり、冷酷に強さ(傲慢さ)がプラスされる。

背筋が伸びて、人生短いのだから、やりたいことはできるだけ早いうちにやっておかなければ、と思う。

ずいぶん、飛躍しているようだけれど、私の思考はどうしても、そのように流れてしまう。

-ブログ「言葉美術館」