ブログ「言葉美術館」

■「快楽は悪か」 植島啓司■

2016/05/18

51k6r42qvgl子どものころからの問題は全部、世界に順応して幸せに暮らすことが不可能なことが原因だ。

アウトサイダーの感覚だよ。

だれかがドラッグや酒に手を出すとしたら、それで少しは順応できるからだ。

だから誘惑に負けるんだ。

酒は壜入りのドラッグだ。

 

自分を落ち着かせてくれるものは何でも常習の危険がある。

セックス、食物、仕事、成功、何をとっても、それで安定できれば常用するようになり、依存して、人生が破滅することもある

これは俳優のアンソニー・ホプキンズの言葉。

植島氏は次のように続ける。

「この短い言葉のなかには重要な真実が隠されている。

われわれは実際、何か大きな問題が起こらないと直視しようとしないが、意外と世界と順応するのに日々骨を折っているということ

私だけではないんだ、と、自分に言い聞かせなければ、すこし息苦しい今日このごろ。

そして私にとっての「世界と順応するための『何か』」とは何か?

そんなことを考えていたら、以前に、ある人から、「あなたは、自分とはもっとも遠いところにあると思っているでしょうけれど、ワーカホリック(仕事中毒)です」と断言されたことを思い出した。

私にとっての「何か」とは、仕事なのかもしれない。

それにしても、「常識」というものに、疑問符を投げかけ続ける毎日を送っていると、周囲を見渡して、その居心地の悪さに愕然とする。

-ブログ「言葉美術館」