ブログ「言葉美術館」

■■桜井和寿、彼の世界、言葉の力■■

2016/05/18

61vghoktbfl人生には季節があって、それぞれの季節には、アップダウン激しい毎日の暮らしがあって、その暮らしは、何色もの色彩で構成されている。 精神的にも物理的にも、あわただしい年末年始を過ごして、ようやくひといきついている今、そんなことを思う。

大晦日、浜松のホテルで紅白歌合戦を観た。

普段テレビのない生活をしているから、ホテル滞在時は、テレビを観るのがイベントになってしまった。

紅白歌合戦、生活にテレビのある時代、観たいとも思わなかったのに。

昨年の紅白は、ミスターチルドレンが出るというので、見逃せなかった。

それで、「GIFT」を聴いて、泣いて、私の2008年は終わった。

  年が明けて、ふと思い立って、ミスターチルドレンの新譜「スーパーマーケット ファンタジー」を買った。でも、執筆中の作品にすっかり入り込んでしまっていたので、そのままにしておいて、さっき、はじめて聴いた。

というわけで、今、桜井和寿でいっぱいになっているわけですが、私、やっぱり、彼の世界が好きだなあ。

「水上バス」という曲があって、これ、そんなにインパクトはないけれど、心に、染み入った。

愛しいひとがいる景色を目にして

***

そんな透き通った景色を

僕の全部で守りたいと思った

***

と歌うのだけど、このところに、自分自身の、「いま、この瞬間を、この景色を、私の全部で守りたい」と思った記憶が重なって、ふるえた。

「口がすべって」

この世界も好きだ。

***

口がすべって君を怒らせた

でもいつの間にやら また笑って暮らしてる

分かったろう

僕らは許し合う力も持って産まれてるよ

ひとまず そういうことにしておこう

それが人間の良いとこ

***

と、このように、夥しい数のミスチルファンの一人として、感動にうちふるえ、いつの日か、桜井さんと話をしたい、とあらためて願うのでした。 元気です。こんな日がいっぱいあればいいのに、と思うくらい。愛情みたいなものがいっぱいにつまっていて、気持が良い昼下がり。

-ブログ「言葉美術館」