ブログ「言葉美術館」

■■マリリン・マジック■■

2016/06/09

日常の瑣末なことに右往左往する日々を過ごしていたからいけない。 Img_20130806_13125911昨日8月5日はマリリンの命日だった。 眠るすんぜんに思い出した。 でももう日付は6日に変わってしまっていた。 マリリン。 大好きなマリリン。 彼女のことを、一日遅れで思い出している。 昨日のうれしいミステリアスな事件も、マリリンの命日に起こったことを思うと、じーんと深くしみてくる。こころのすみでマリリン・マジックかな、なんて遊んでみる。 『マリリン・モンローという生き方』を取り出し、ページを繰る。 マリリンの言葉に、自分で書いておきながら涙腺が刺激される。 「人はいつだって何かを失っているのよ。それでも私たちは生き続けなければならない、そうでしょう?」 一年前の8月5日、マリリンの命日、暑い日曜日にトークイベントを開催した。 人数は今までのイベントで一番少なかったけれど、あれはすてきな感慨深い一日だったな。 マリリンの優しさをマリリンの美しさを、私は忘れかけていた。とても大切なことなのに。 命日って、こういうことに気づくために、生きているものに大切なことを与えるために、あるのかもしれない、そんなふうに想う昼下がり。

-ブログ「言葉美術館」