ほやほやのお知らせ

☆『ココ・シャネルという生き方』発売です☆

2016/06/02

61lnotewkwl☆「ココ・シャネルという生き方」発売です☆

「規格品の人生」を歩んではいけない

――あたしは自分で引いた道をまっすぐに進む。自分が勝手に選んだ道だからこそ、その道の奴隷になる。

孤児院から人生をはじめ、自力で莫大な富と名声を手にした世界的ファッションデザイナー、ココ・シャネル。

彼女はコレクションのショーの最後をウエディングドレスで飾ったことがなかった。なぜか――。

「働く女の先駆者」シャネルのゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを、「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出す。

シャネルからのメッセージがつまった、熱くてスパイシーな一冊。

熱くてスパイシー。

きらきらと輝くカヴァーです。

遠くからでもきらきらっとしそうな美しい本です。

新人物往来社の若くて情熱あふれる編集者、岡田晴生さん、どうもありがとう。

ラストスパート、すっごく大変だったけど、楽しかったわね……。

「新人物文庫」。

私にとっては、初めての文庫となりました。

「女性のこぶりのバッグにも入る大きさの文庫にしたい」と希望した日が、ずいぶんと昔のようです。

シャネルとずっと一緒だった期間、あまりにも強烈なその存在に、自分のひ弱さが露呈されて、落ち込むこともありました。

いじけたくなるときもありました。

辟易モードになることしばしばでした。

それでもなぜ書く。

それは、「あとがき」でも書きましたが、やはり、「シャネルという生き方に、一本、すうっと筋の通った美しさがあるから」です。

そこに惚れこんでしまっているからです。

みなさま。映画が3本、ミュージカルが2本、とってもシャネルな世の中です。ぜひ、「ココ・シャネルという生き方」、お買い求めください。

そして電車の中では、きらきらカヴァー、みせびらかすようにして、お読みくださいね。

アマゾンからもどうぞ。

☆追記☆ 発売数日で、重版となりました。嬉しいです。

-ほやほやのお知らせ