◆彼女だけの名画 ブログ「言葉美術館」 路子倶楽部

●美術エッセイ『彼女だけの名画』16:パリ、モローの可憐なサロメ

 

 

 しずかな風に冬の気配を感じるこんな日は、むしょうにパリに行きたくなる。

 ひとにはきっと、自分の体温、皮膚とその空気とがしぜんに溶け合う街というのがある。

 私の場合は、パリ。ロンドンでもアテネでもウィーンでもなく、パリだ。

 ここ数年、冬になるといつも出かけているので、この季節、あの街の空気が恋しくてしかたがない。

 いま、このエッセイのために、モロー美術館の画集を開いたからなおさらだ。パリへの想いを募らせながら、ぱらぱらとページを繰る。

 たちまちあの古い館の幻惑的な空気につつまれた。

 冬のパリ。

 凍るような風に身を竦めてメトロの駅から狭い小道を歩いた。小さなエントランスでチケットを買い、軋む階段をのぼる。

 壁という壁を埋めつくしたたくさんの絵が目に飛びこんできた。

 薄暗い部屋のなかで、海の底のような深い色彩がうごめいている。それは、絢爛とせつなさが同じくらいの分量で混ぜ合わされたような世界。

 有名な一枚の絵の前に立った。

 

 「出現」。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

-◆彼女だけの名画, ブログ「言葉美術館」, 路子倶楽部