ブログ「言葉美術館」

■「人生は廻る輪のように」 E.キューブラー・ロス■

2016/05/18

51refrbj9dl「しかし、力なく横たわるセップリの姿をみながら、私は未来はあてにできないと考えていた。

人生とは、あくまでも現在にまつわる事柄なのだ」

(*セップリとは死に瀕した義兄)

どこからどうつながって、この本の購入にいたったのか、覚えていない。きっと何かを調べていて、このエリザベス・キューブラー・ロスのことを知り、強烈な興味を覚えたのだろう。

世界的ロングセラー「死ぬ瞬間」で死の概念を変えた、魂の名医。

……とにかく、とてつもなく有名なひとで、その功績は、とてつもなく大きい。

その最初で最後の自伝というのが本書。

年が明けてから、いい調子で進んでいた仕事が、ここ数日、うまくいかなくて、なかなか集中できなくて、昨夜、「いいや、この本読んじゃおう!」(今の仕事がひと段落したときの楽しみにとっておいてたのだ)と読み始めたら、とまらない、というか、その世界にひきずりこまれてしまって、まいった。

なんだか身体が、きつくなってきて、途中で休んだ。

今もそれからすすんでいなくて、三分の一が残っている。

なんのために生かされているのか、周囲で起こっている、大小さまざまな事柄は、私に何かを伝えているのではないか、やるべきことを教えようとしているのではないか。

なーんてことを考えっぱなしでの読書だから、身体もきついわけだ。

しかし、一夜明けた現実、ホルモンにいいように翻弄されて、神経過敏になっている状態で、小さなことに「きっ」とし、その犠牲者となった娘。帰ってきたら、ごめんね、と言いたいです。

灰だか風花だかよくわからないものが、ちょっと舞っている朝。

-ブログ「言葉美術館」