ブログ「言葉美術館」

■あなたはどこにいるの? 「エリュアール詩集」■

2016/06/30

100903_104001原稿に疲れると、椅子にだらしなく背をもたれさせ、手を伸ばせばすぐ届くところにある「エリュアール詩集」をぱらぱらと繰る。

このところの気分は、どうもエリュアール。

とても共鳴する。

***

あなたはどこにいるの? 

 

壁にそってたくさんあたしの夢をみたので あなたには このあたしが見え あたしの声がきこえるのだ

 

そして あなたは きっと あたしのこころを変えたいのでしょう

 

あたしの瞳のおくから あたしをひきぬきたいのでしょう

*** 

こんな世界にどっぷりと浸り、一日を過ごすこともできそうだ。

けれど、私にはやりたいことが他にもある。

数か月前、仕事する場所を移した。デスクの前の壁に、手当たり次第に、気に入ったカードをぺたぺたと貼った。

そうだ。まだまだあんなこともこんなことも書きたい、という気分になる。

新人物往来社の担当編集者さんから「シャネル、7刷です」のお電話をいただく。嬉しい。

そしてエリュアール詩集に、また目を落とす。こんどは次の2行が飛び込んでくる。

***

そして あなたのくちびるのやさしさによって 

 

あたしのくちびるを つよめてください

***

この箇所にラインをしたのは、もう20年も前なのに、同じように胸をうたれている。

美しい表現、美しい言葉の力を再確認し、詩集を閉じる。

今日はよい天気だった。日中、5分くらい庭に出てみて、「あたたかいなあ」と感動した。いくつかのお誘いのメールを思い出して、初夏のおしゃれをして、出かけたくなる。

-ブログ「言葉美術館」