ブログ「言葉美術館」

■■くちびる■■

2016/06/10

Photoこころやさしい編集者さんから、キュートな指輪をいただいた。5月発売予定の本のゲラが、今日、お昼頃、送られてきて、そこにさりげなく入っていた。

私っぽいと思って購入してくださって、

ずっと持ち歩いていたので、袋がよれよれでごめんなさい」

とメモがあった。

嬉しかったなあ。誕生日とかそういうのでなしに、くちびるの指輪を見て、私を思い出してくださったこと、そしてそれを私に渡そうと思ってくださったこと。

そのきもちの流れを想像するだけで、こころあたたかくなる。

くちびるの散文がどこかノートにあるはず、と探した。あったあった。

「あえかなくちびる」

あなたのあえかなくちびる

やわらかくうすく色づいて あいまいで 

それをふくんだなら消えてしまいそうで

わたしはかなしくなる

それはあなたの まいごのたましい

わたしはあなたのくちびるに くちびるを 寄せる

まいごの あなたを わたしのくちびるに とどめるために

消えないために 消さないために

あなたに居場所を 教えるために

昨夜は、長いおつきあいの編集者さんから「生きていますかー」とのお電話いただいた。

ブログに思いっきり「なんとかしてくれ」ってこと書いているから、しょうがなくお電話してきてくださったのだろうけれど、嬉しかったな。

ちかぢか次に書く本の相談をしましょう、ってことになった。

そして今日の夕刻は、新しくお仕事をする編集者さんから、送った原稿についての感想のお電話をいただいた。

15本予定のエッセイを、一本ずつ、お送りしているのだけど、すぐにご連絡をくださる。そしてしっかり読み込んでいなければ不可能な言葉をくださる。

ほんとうに嬉しい。

編集者さんは、最初の読者であり、もっとも厳しい読者でもある。

私は編集者さんを感動させることができたら、たぶん、彼、彼女たちはそんなふうに思っていないだろうけど、たおれるほどに深い安堵と書くことの喜びを得る。

いろんな人に、支えられている。前に進める。 絵はクノップフの「赤い唇」。

-ブログ「言葉美術館」