▽映画

◎イヴ・サンローラン◎

2016/10/21


Photo_3

冒頭の、引退声明発表のようす、数分間の映像にこの映画のすべての価値が凝縮されていた。

ぎこちなく、緊張気味に、それでもくっきりと、トップ・デザイナーとしてモード界に君臨してきた苦悩と誇りを、そして美を創造するアーティストとしての苦悩と誇りを、美しく、経験に裏打ちされた文章にのせて、65歳のイヴ・サンローランが読み上げていた。

私はこの声明文に胸が熱くなり、急速にイヴ・サンローランの魂に寄り添いたいと願ったのだけれど、映画は50年にわたり、サンローランのパートナー(仕事の、そして恋人としての)、ピエール・ベルジュが中心で、私の欲望は満たされなかった。

サンローランは一時期サガンとも親しかったが、若くして名声を手にしたという点も、セクシャリティも、繊細なガラス細工のような精神も、それゆえアルコールと薬物に依存したということも、よく似ていた。
また、ふたりとも自ら命を絶たなかったということも。

引退声明文が少しは載っているかと思って映画終了後、パンフレットを買ったけれど、まったく掲載されていなかった。
いつも思うけれど、パンフレットにはシナリオを全文掲載して欲しい。

DVDで観賞するのが待ち遠しい。
そうしたら引退声明文を全文、書き写す。

それで、物足りなくて、ピエール・ベルジュの本『イヴ・サンローランへの手紙』を購入、映画以上のものがあったわけではないけれど、何箇所か目にとまったところがあった。

「君を生きていられるようにしたのは、ごく若い時代から君が抱えていた不安に耐えられるようにしたのは、君の作品だった。
アーティストはクリエーションの中にのみ救いと希望をいだくよりどころを見出すように創られているのだ。」

「君は子供っぽかった。だから戦略も幼稚だった。それゆえに私は君を愛していたのだ。」

そして、

「最も苦しんだときに生れたコレクションほどまばゆいものはなかった。」

これは他の友人の言葉だけれど、この言葉に美の残酷さを想って、心臓をつかまれたようになった。

 

◎そして2012年2月2日の記事↓

 

ようやくDVDを観賞。

イヴ・サンローランの引退声明文。

心に響いた部分を。

「人は生きるため、とらえがたい美を必要とします。
私はそれを追い求め、とらえようと苦しみ、苦悩にさいなまれ地獄をさまよいました。」

「恐れや耐えがたい孤独に怯え精神安定剤や麻薬に頼ったこともあります。
神経症に陥り更生施設に入ったこともあります。」

……創造することの苦悩。

また、プルーストの「極度に神経質な痛ましくもすばらしい一族」という言葉を引用し、次のように言う。

「望んだ一族ではないですが、そのおかげで私は『創造の天国』に昇れたのです。

……創造することの恍惚。

そして最後に、

「ランボーが言う『火をおこす者たち』に接し、自らを見出し、知りました。」

ときて、映画のキャッチにもなっている言葉が続く。

「人生で最も大切な出会いは、自分自身との出会いなのです。」

最も大切な出会い、経験しましたか。未経験ですか。私なら昨年に自分自身の後ろ姿の影くらいは見てしまったような気がしている。

 

-▽映画