▽映画

◎エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリー◎

2016/10/20


51gjgkon6hl

「いいえ、ぜんぜん、いいえ、私は何も後悔していない」

話題の映画『エディット・ピアフ~愛の讃歌』、有楽座にて、土曜のお昼、一人ひっそりと鑑賞し、心で号泣し、ドキュメンタリーのDVDを借りた(のちに購入)。

映画のヒットのおかげでピアフ関連の商品が充実するのは、とっても喜ばしいことだ。

ドキュメンタリーの中、インタビューの場面。

――恋愛経験も豊富で波乱に満ちた人生ですね。他の歌手のような穏やな暮らしは?

――悪くはないけれど、そういう生き方では歌えなかったでしょうね。いつも全力投球なのよ。

――すべてに?

――そうよ。

――道徳に反しても?

――ええ、そうよ。

このときのピアフの表情、目の表情があまりにも美しくて、繰り返し見た。

そして、死の直前、「奇跡のカムバック」と言われたオランピア劇場で、「いいえ、私は何も後悔しない」と歌うピアフ……。美しすぎる。

また、23歳年下の夫テオ・サラポとのデュエット「恋は何のために」を歌うピアフの魅力的なことといったら絶句してしまうくらい。抱きしめたいくらい。

そこには私の琴線にふれる、瞬間の美しい愛があった。「愛を信じたい」という気持にさせる輝きがあった。

ところで『エディット・ピアフ~愛の讃歌』。


ainiosanka-piaf

素晴らしかった。好きなひとの伝記映画だから前評判、事前知識ゼロで、祈るような気持ちで観に行ったけれど、素晴らしかった。

もう一度行こうと思う。

だって、ラストが「Non,je ne regrette rien いいえ 私は何も後悔していない」。41qxhk0w3yl_2

私の大切な小説『女神 ミューズ』のラストシーンと同じだなんて、それだけで感激。

生きてて良かった、と思ったくらいの感激。

 

 

-▽映画