▽映画

◎マリリン・モンロー 瞳の中の秘密◎

2016/06/09

811qbc77vll__sl1500_『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』を、新宿で観た。 死後50年経って公開された手紙や日記、メモからは、いままでのマリリンのイメージを覆す、必死に生きようとする1人の女優の肉声があった。 それに感銘を受けたひとたちが作った、マリリンのドキュメンタリー映画。 著名な俳優がたくさん出てきて、マリリンになりかわり、その苦しみや希望を「語る」。 とてもユニークな作り方をしている。 それは成功していたと思う。ラストまで緊張感臨場感が続いたから。 私は誰かがマリリンを演じている映画は好きじゃないけれど、これはドキュメンタリーなので、本物のマリリンがたくさん見られる、大きな画面で。 そしてマリリンの声も聞ける。 大好きなマリリンだから、ただ、見ているだけでいいんだけれど、それでもどこかで、おそれがあった。 そう、私のマリリン、『マリリン・モンローという生き方』、これとかけ離れている部分があったら嫌だな、というおそれ。 けれど、とても嬉しいことに、まったくといっていいほど、それはなかった。 私のマリリンと、このすてきなドキュメンタリーのマリリンは、ほとんど同一人物だった。 私が伝えたかったマリリンが、スクリーンにいた。 重くあたたかな充足感が胸を満たした。 書いてよかった。 そしてあたらめてマリリンの美しさに魅了された。 彼女はやはりこんなに美しい。

-▽映画