ブログ「言葉美術館」

◆ジュリエット・グレコ

2016/06/25

___4ジュリエット・グレコとマイルス・デイビスの恋を扱った、2012年の番組を観る機会があった。 当時85歳のグレコがインタビューに応じていた。 現在は87歳になるグレコの来日コンサートが先月、渋谷の文化村であった。迷っているうちにチケットが売り切れてしまった。 このインタビュー、短い時間にグレコの魅力があふれていた。 「今も恋をしていますか?」 という質問をされて、彼女はウイ、ノンだけではなく、恋愛について語った。 ***** 「私? 私は恋をしているわ。愛がなければ死んでしまうもの! 愛さなければ生きていないのと同じ。 もし愛が存在しないのなら、この盲目的な感情・・・・・・、美しいものは一層美しく、そして醜さは和らげるようなこの何か・・・・・・、「愛」というものが存在しなければ、生きる意味もないの。 愛とは献身、自己の忘却。 人生が私たちに与える一番素晴らしい贈物なのよ」 ***** グレコは「愛さなければ生きていないのと同じ」と言った。 「愛されなければ生きていないのと同じ」と言う人もいる。 私はどちらだろう。もちろん欲張って両方なんだけれど、とっさに出てくるのはどちらかな……。 それにしても、「恋をしていますか?」と尋ねられて、ここまでのことを穏やかに朗らかにキュートに、一度でいいから、言ってみたい。 ここで、恋と愛は違うのに同じように語っている……などと言いたくもなるけれど、翻訳のこともあるから、自分なりに心におとす。 あといくつ、どんな出来事を経験すれば、このような言葉を獲得できるのか。 そんなことを85歳の美しいジュリエット・グレコを見ながら思った。 そしてグレコのまなざしから、この美しさの根底にあるものはやはり強さなのだと感じとった。 グレコが言うように、愛って、美しいものを、さらに美しく感じさせるもの。だから、もしそうじゃなかったら、一度疑ってみないといけない。

-ブログ「言葉美術館」