ブログ「言葉美術館」

■恋の想い「アルマ・マーラー」フランソワーズ・ジルー■

2016/05/22

51ikmlls9kl__sl500_sy344_bo12042032僕には心の底からわかっている。もし僕にふさわしく、また僕を芸術家にすることのできる人間がいるとしたら、それは君だけだ」 何度もいろんなところで書いてきた稀代の妖婦、アルマ・マーラーの男たちのひとり、詩人のフランツ・ヴェルフェルのセリフ。アルマは男たち(それもほとんど天才たち)からこのようなセリフを言われることに慣れている。相手の男、ココシュカやマーラーについて、衝撃的なエピソードがいくつもあるが、ヴェルフェルのこのセリフに今回、とくに目がとまったのはなぜか。 恋とはこういうもの、人が人に惹かれるというのは、こういうもの。そういう熱を感じたからかな。 好きな相手から恋焦がれられるのも、もちろんたまらない。けれど、やはり、自分自身がこのような想いを相手に抱いている、という事実ほど、充実をもたらすものは、今の私にとってはないのかもしれない。

-ブログ「言葉美術館」