▽映画

◎ガッジョ・ディーロ◎

2016/10/18


Images161018

知友に勧められて鑑賞。監督はトニー・ガトリフ。ガッジョ・ディーロって、愚かなよそ者、という意味。

ルーマニアのジプシーの物語。ヒロインのローナ・ハートナーの魅力がいっぱいに溢れていた。ほんとうに、なんて魅力的な女性なのか。そして性愛のシーンはほんの数分(1分くらい?)、そして自然の中のびのびと、という状況なのに、なぜあんなにエロティックだったのか。

この映画に魅せられたのは、胸に染みいる音楽と合わせて、「このように生きられたらなあ」の理想の一つがくっきりとあったからだろう。

感情を感情として表現し、「今日」という日を生きるという、これ、とっても単純なのに、どうしてこんなに難しいのだろう。

-▽映画