ブログ「言葉美術館」

■ぎりぎりまで 「強く生きる言葉」 岡本太郎■

2016/05/22

 

41g66aaqnfl 「どんなことがあっても、自分がまちがっていたとか、心をいれかえるとか、そういう卑しい変節をするべきではない。

一見、謙虚に見えて、それはごま化しであるにすぎないのだ

岡本太郎語録中の「失敗」について。

一見謙虚に見えて、それはごま化しであるにすぎない。

痛かった。うすうす感じていたから、「謙虚」ぶることの安楽さを、そのずるさを。

もちろん、岡本太郎とは違うから「どんなことがあっても」自分がまちがっていた、と思わないことなど、私にはできない。

けれど、ぎりぎりまで、ほんとうか、ほんとうに自分がまちがっていたのか、と疑うことに手を抜くのはやめたいと思った。

なぜなら、そこのところに手を抜いたら、他の人と自分とを隔てる、自分自身の中にある核が少しずつ姿を消してゆきいそうで、それが私はとてもこわい。

出版記念を兼ねた「軽井沢夫人 浪漫夜会」が終わって一週間。ようやく落ち着いた週明け、仕事場の窓から見える空は、薄い青色。その、葉が落ちた枝の背景に広がる青色は美しいけれど、暖かさは感じられない。氷の季節がもうそこまで来ている。

 

-ブログ「言葉美術館」