ブログ「言葉美術館」

■とても生きている 「めぐりあう時間たち」 マイケル・カニンガム■

2016/05/22

415m0nbcq1l「THE HOURS」という原題の、映画はもうたぶん10回は観ている。 特別な映画。その原作、読むのは二度目。 主人公のひとり、クラリッサ(50歳前後?)がルイスという友人と会話しているときの、彼女の心情。 「クラリッサは不意に、自分の人生のありったけをルイスに見せたくなる。ルイスの足許の床の上にそれをぶちまけたくなる。 物語として語ることのできない鮮明で無意味な瞬間、瞬間を。 ルイスといっしょに座って、人生をふるいにかけたいと思う……人生をふるいにかける…… 私の人生をそうしたら、ふるいの上に残るものはいったいなんだろう。 幾人かのひとたち? 幾冊かの本? ここに登場する三人のヒロインはたまらなく懐かしく、たまらなく愛しい。 自分自身を人生から棚上げせずに、本人はそれを望んではいないけれど、彼女たちの気質のせいで、とても生きている、と思うから。 だから生きることに激しく頼りなくなったとき、これで何度目だろう、と思いながら、映画を観る。今回は原作を再び読んでみようと思い、胸に響く言葉が拾えた。

-ブログ「言葉美術館」