ブログ「言葉美術館」

■私たち「ドロテア・タニング ~マックス・エルンストとの生涯」 ドロテア・タニング■

2016/05/19

61xvwlrkmbl__sl500_「私たちのあいだには時間が、まさに一刻一刻秒読みできるような時間が流れていた。それはあまりにも長く、またあまりにも密だったので、いつの間にか「彼」というのはほとんど「私たち」と同義語になってしまった 画家ドロテア・タニングがシュルレアリスムの巨星と呼ばれるマックス・エルンストとともに過ごした三十余年について語った書。

もう、違うシーズンにいるのだから、と納得し、そこに違うシーズンならではの喜びを見出している、そんな生活をしているけれど、このような記述に合うと、ふるえてしまう。

ここには、やはり私の好きなものがある。

男と女が出会い、インスパイアし合い、互いのもっとも価値ある部分を引き出すという関係性が。相手は一人で充分、という関係性が、ある

-ブログ「言葉美術館」