ブログ「言葉美術館」

■待っていたのだ 「ポール・エリュアール詩集」

2016/05/19

Peわれわれは待っていたのだ おたがいの姿をみるために いつまでも なぜなら われわれはたずさえていたのだから 愛を 愛のわかさと そして愛の理由を 愛の知恵と  そして不死とを

(「戦う七つの恋愛詩篇」より)

ロマンティックが好きなのに、それから遠く離れているように感じて、久しぶりに詩集を開いた。 現実を見れば、絶望のどん底に落ちてしまいそうでも、それでもやはり信じたいものを、エリュアールの詩に見出して、エリュアールだいすき、とつぶやく夏の夕刻。

-ブログ「言葉美術館」