ブログ「言葉美術館」

■自衛 「セルフ・ポートレイト」 マン・レイ■

2016/05/19

41c3lmlue2l「わたしは多くの友人たちの死に際していきどおりを覚えた。……(略)……親しくしていた存在が去ってしまうことに一種の逃避、裏切りのようなものを感じていたからなのである」

マン・レイの自伝の、モンパルナスのキキについて書かれた箇所のラスト。

ここを読んだとき、マン・レイの臆病な眼差しを見たように思った。

「自衛してる」と思った。

これは自分自身が、友人の死の衝撃によって重症を負わないための自衛手段だ。

なぜなら、憤り、という感情は、エネルギーが外に向かうし、とても生命的なものだから。

マン・レイのこの言葉を必要とする日のために、書き留めておこう。

-ブログ「言葉美術館」