ブログ「言葉美術館」

■幸福のある場所 「雪の道」 辻邦生■

2016/05/19

51gtqqqupmlだからその文化とか歴史とかいうことが、私には何となく空疎な考えのように思えてきたの。

 

それより一日一日の、あなたの言い方に従えば<消費され消えてしまう時間>の中に幸福があるのではないかしら、と、そう思えるわけ。

 

文化とか歴史とかの名目で、人間はこうした歴史にならない部分の意味を、故意に貶めていたのじゃないかしら

ぜんぜん、冴えない。

と悲観してすねるのを防ぐために、煮詰まったときは、ノートを開く。

好きな言葉たちが、乱雑に書き連ねてある。

回、「ん?」と思ったのはこれ。

引用からの引用かもしれないけれど、「神々の愛でし海」の2章「雪の道」から。

どうして以前に、これを書き写したのだろう。

なんとなく反発して……のような気がする。たぶんそうなのだろうな。

けれど、今は、これが、感覚的に理解できる。

意見として賛成します、ということではなく、理解できるのだ。

<消費され消えてしまう時間>って、ああいう瞬間を言うのだろうな、という場面場面が、頭に浮かぶ。

映像はもちろん、温度もともなって。

このところ、すごく忙しいように、感じる。

色々なことが重なって私の上に乗ってくるようなかんじ。

「敏感」だから、と思いたいけれど、事実は、心身ともに「脆弱」なので、すぐに不調になる。

不調になると、周囲に優しい気持を抱くのが難しくなる。

そして<消費され消えてしまう時間>のなかに幸福を見出すなど、「不可能です!」と叫びたくなる。

それでも、季節が変わろうとしている瞬間を、ときどき感じて、空を見上げたりして、空の色、雲の色なんかをじっとみたりして、ただそれだけで生を感じるときもある。

-ブログ「言葉美術館」