ブログ「言葉美術館」

■正義に対して武装する 「地獄の季節」 ランボオ■

2016/05/19

61xfniidupl「俺は正義に対して武装した」

正義という言葉を、ためらいなく疑いなく口にする人に出会うと、急用を思い出したくなる。

本でもそうだ。

先日もあるベストセラーを読んで、最初から、正義感、倫理観、という言葉がためらいなく疑いなく使われていたので、唖然とした。品格に関する書籍だった。

正義、倫理、それを使うのが嫌いなのではない。

もっと慎重に扱いたいのだ。

せめてその言葉の前に「私なりの」「自分なりの」という個人が欲しい。

と思っていたときに、ふと開いたランボウ。

以前は

「ある夜、俺は『美』を膝の上に坐らせた。--苦々しい奴だと思った。--俺は思いっきり毒づいてやった」

のくだりが大好きだったけれど、今回は「正義に対して武装」、これ。

軽井沢は車が凍る季節となった。ペレットストーブの炎ゆれるリビングでとろとろしていても許される季節でもあるようで、嬉しい。

-ブログ「言葉美術館」