ブログ「言葉美術館」

■■藤原新也の言葉■■

2016/05/18

Imagesgfk262am「駒ヶ根高原美術館」で、久々に藤原新也にふれた。 「メメント・モリ(死を想え)」 と名づけられた薄暗い個室に、写真と言葉が、ぴったりと、ときどきちぐはぐに、響き合っていた。 ***

黄色(きいろ)と呼べば

優しすぎ 黄金色(こがねいろ)と呼べば 艶やかに過ぎる 朽葉色(くちばいろ)と呼べば 人の心が通う

***

胸をつくほどの言葉の、もう、美しいというしかない、センスに、意味不明に跪きたくなり、暗い部屋でうずくまって、目をこらして、手帳にこの詩をうつした。 この美術館は、草間弥生、池田満寿夫の作品が充実していて、全体的に美術館が活きているかんじがして、とても好ましかった。

学芸員の方が個として存在しているに違いないと思った。

ところで。

草間弥生の部屋をちょこちょこと動き回る娘に、「このひとの絵、記憶にない?」と尋ねたら(以前、画集を一緒に観たことがあったので)、「くさまやよいでしょ、」とさらりと言った。 その私たちの様子に、私は、「ああ! この一瞬の光景を目撃した人は、私たちのことをどのように思うのだろうか?!」と思った。 「おかあさま、草間弥生の水玉模様の意味するところは、深層心理のうんぬん」

「そうね、彼女が現代の膠着した美術世界に空けた風穴の大きさはね。うんぬん」

といった会話などを想像するのでは、と(しないでしょうか)。

もちろん、そのような会話はしません(できません)。 美術館でも、画集を眺めるにしても、「このなかで、どれが一番好き?」にはじまり、「これが一番好き!」「ふーん」「私はこれ」「ふーん」で終るのでした。

-ブログ「言葉美術館」