ブログ「言葉美術館」

■「男と女 愛をめぐる十の対話」フランソワーズ・ジルー■

2016/05/18

Tsgs011_m女性は時に男性と、その財産のために結婚する。

ただし、普通は念のため、あらかじめその男性に恋をしておくものだ」(パヴェーゼの日記より)

フランソワーズ・ジルーの本が読みたくて、みつけて中古で購入した。

さまざまな引用があり、私好みで、とっても楽しんでいる。情報量膨大な二人の対話(相手はベルナール=アンリ・レヴィ)。

ああ、こういう言い回しも続けると、かなりくどいのだな、という「他山の石」状態での読書でもある。

冒頭の言葉を今回引いたのは、このようなものの考え方から最近、遠ざかっているようなかんじがしたからだ。

「物事の本質を突いている」といってもいいし、「理屈っぽい」といってもいいし、「イジワル」といってもいい。

時間に追われる生活は嫌いだ。大嫌いだ。

「忙しい度=人生の充実度」という考え方にはうんざりする。

なのに、いま、時間に追われている。

いろんな役柄を演じるのはもう嫌だ、と放り投げたくなる瞬間もある。

そんななかでも、少しずつ季節が変わり、サンルームに置いた、花が咲いた。

-ブログ「言葉美術館」