ブログ「言葉美術館」

■■あなたからもらいたいのは■■

2016/06/27

Ka書棚を整理すると、とっても新鮮。

あ、こんな本あったっけ。面白そう!

と一度読んだはずなのに、まるで初めて出逢ったかのように手に取る本もあるし、「時間ができたら読もう」と、そのまま忘れてしまっている本もある。

あるいは、そのときはあんまり興味が持てなかったけれど、今はめちゃくちゃ興味があるとか。

……これって人間関係そのもののような。

さて。そんなかんじで今回、読みふけってしまったのが、鹿島茂先生の「悪女入門(ファムファタル恋愛論)」。

鹿島先生とは、ずっと私のほうが薄いけれども、テーマがかぶっていて、いろんな場面で遭遇する。

今回はミュッセの「フレデリックとベルヌレット」のなかから、「使えるセリフ」をひろったので、忘れないように記しておくことに。

恋人から、「何か贈り物をしたいけど、何がいい?」と聞かれて、女はこたえる。

あなたからもらいたいのは、あなただけ

鹿島先生はこのセリフについて次のようにコメント。

「読者の方々も、一度、決定的なときにこのセリフを使ってみてください。相手の男はまちがいなくグッと来て、もうあなたから離れられなくなるはずです」

だったらかんたんでいいんだけど。

このセリフを言って似合う女と不似合いな女とがいると思う。

言い換えれば、信用される女と、「またまた冗談言ってさあ」と言われる女。

あとは、「怖がられる女」もいるかな。

「あなたからもらいたいのは、あなただけ」と言ったとき、相手に「ぞっとする」感覚を与えてしまう女。

「似合わない女」「信用されない女」「怖がられる女」に私はシンパシーを感じる。

本気で言ってるのに、それを本気で受け取ってもらえないってつらいですよね。 なんだろう。性格だけじゃない、日々の行動なんだろうな。

そんなことを考えながら昨夜は眠りについた。

そうしたらとっても悲しい夢を見てしまった。うなされて目を覚ました。 最悪の目覚め。 それでもちゃんと起きて、クラブ活動を行った。お弁当クラブ。これ、あと5年間は退部を許されない、厳しいクラブなのです。

-ブログ「言葉美術館」