ブログ「言葉美術館」

■「感動をつくれますか?」 久石譲■

2016/06/11

41ymz164yyl普通の人が見逃し聞き逃してしまうような事柄の中に、ピンと心に響くものを感じ取る。

砂の中から金をすくい取るような感覚が、ものをつくっていくうえでは重要だ

「ものをつくる人間に必要なのは、自分の作品に対してのこだわり、独善に陥らないバランス感覚、そしてタフな精神力、この三つだと思っている。どれが欠けてもうまくいかない」

「感動」という言葉を使ったタイトルに驚いて手にとった本。

私の感覚だと、あまりにもそのまますぎて使うのにためらうからだ。

しかも著者は音楽家の久石譲。

一読して久石譲の健全さに圧倒された。

よい音楽を作るために、身体を鍛え、精神力を鍛え、心身ともに強靭になる。

それがあのような音楽を生み出す。

久石譲は、ものをつくる人間に必要なものとして、三つあげているが、このなかで私にもっとも足りないものは、タフな精神力。

でも、いま、そう書きながらも、このところは少しずつ、ここ数年間よりは少しずつ、つよくなってきているような気がしている。それが嬉しい。

久しぶりにお会いした二人の女性から、「前よりもやわらかくほわんとしているかんじ、顔色もいいですね」と言われた。

「あんまり無理してないから。それに太ったし」と言ったら、「今のほうがいいですよ、そのくらいのほうがいいです」と二人ともうなずきながら言ってくださった。

嬉しかったから何枚か着られなくなったワンピースがあったとしても、よしとしよう。

-ブログ「言葉美術館」