ブログ「言葉美術館」

■■人間が人生で求めているもの 「モーム語録」から■■

2016/06/11

61m8ug4uilこの世で何とか耐え忍んで暮らすには、人間の自己本位をやむをえぬものと悟ることが肝要だ。

それを忘れると、自我を殺して人のために尽くすなどということを他人に求めることになる。

愚の骨頂だ。

誰でも身勝手で自分本位だと是認すれば、他者に求めなくなる。

人に失望することはなくなり、きみも人を寛大な目で見られるようになる。

人間は人生でたった一つ、自己の快楽、それだけを求めているのだ」(『人間の絆』)

「皮肉屋」と呼ばれた、サマセット・モームだから、にやり、としながら読むのがポイント。

『モーム語録』(行方昭夫[])は面白い。

このところ眠る前の友にしている。

人間というものに向けられたまなざしが、私の好み。

安吾なんかと似ているように思う。

なんだろうな、それは。

諦めというものから生えたユーモアみたいなものと、愚者への愛みたいなものと、それから、内緒の情熱。

-ブログ「言葉美術館」