◆私のアナイス ブログ「言葉美術館」

■新川和江とアダムとイヴ■

2017/02/08

S安易に作られた感のある、とある名言集に目を通していたら、ボーヴォワールの言葉に出くわした。

要するにアダムなんて単なる試作品よ。

イヴを創ってはじめて神は人間というものを完成させたのよ

煮詰まっていたときだったから笑いたい願望があったのだろうか、ぶっと吹きだしてしまった。

ボーヴォワールって、やっぱり面白い。

私のアナイス・ニンをめちゃくちゃ嫌っていただけのことはある。

彼女は、アナイスの「女」というものについての考え方に、立腹していた。

アナイスは「私は人間である前に女よ」なんてことを言っていたから。

それにしても、同じアダムとイヴを出すにしても、すごい違いがあるな、と思う。

イヴのからだが   

アダムの肋ら骨でつくられたのなら

 

わたしはあなたの肋ら骨だ

 

わたしのすべては あなたのものだ

 

百千のおとこの中から

 

わたしが見つけた ふるさとあなた

(新川和江「婚姻」より)

これは『恋に溺れて女になる』の最後に、入れた。

私はやっぱりこっちのほうがいい。

瞬間的なものであっても、こんなことを感じられるのなら……アナイス風に言えば、「悪魔にだって魂を売るわ」ってとこかな。

創作と創作の間の、いくつもの企画が頭のなかで渦巻いているシーズン。

机の上が乱雑になる。

-◆私のアナイス, ブログ「言葉美術館」