ブログ「言葉美術館」

■■生まれるまでに何年生きた?■■

2016/06/10

410lvx2nj8l__sl500_生まれるまで私は24年生きた

俳優のジャン・マレーは24歳のときジャン・コクトーに出逢っている。

ジャン・マレーによる『私のジャン・コクトー 想像を絶する詩人の肖像』は、かなり面白い。

愛し合うふたりには「理解」があるという、希望を感じることができる。

読むのは3度目くらいかな。

1937年、ジャン・コクトーが私を誕生させた。その時点で私たちの運命は交差し、結局はひとつに溶け合うことになった

コクトーも同じ想いだった。

すこしずつ私は知り、君を認めた、そして自分が生まれつつあることを理解した

 

「奇跡の組み合わせグループ(←命名:みちこ)」に属するふたりだったということだ。

コクトーがマレーに送った言葉が好き。

いっぱいあるけど、今日はこれ。

君の欠点が君なのだ。それを育みたまえ 生まれるまでに何年生きましたか? まだ生まれていませんか? 何回も生まれちゃいましたか?

あいかわらず、いくつかのことで胸を苦しくしている月曜の昼下がり。

-ブログ「言葉美術館」