ブログ「言葉美術館」

■■抵抗できないこと■■

2016/06/09

Dsc_0165彫刻家の高田博厚のルオーに対する想いがぎっしりとこめられた本を読んでいる。読むのは三度目だけれど、今回がいちばん胸に響く。芸術というものにかける人間の、祈りのような熱が、ある。

***

人間は恋するとき、恋する相手を「所有」したいのである。

「美」に感動するとき、「自分」がそれに参画したいのである。

これに抵抗できないのが芸術家の運命である。

***

私が抵抗できないことはなんだろう。

そんなことを考える。ひとつ、ふたつ思い浮かぶ。

抵抗できないことは、そんなに多くはないみたい。

それにしてもルオーという画家も、彼を書いた高田博厚も、自らの芸術を追求することに命がけ。

そういう熱にふれると、私は呼吸が少しらくになる。

-ブログ「言葉美術館」