ブログ「言葉美術館」

■往く人の少ない道を■

2016/06/27

A今度書くかもしれない本の打ち合わせをするなかで、ユニークで愛すべき編集者さんが、スコット・ペックの『愛と心理療法』の全訳が出ていることを教えてくれた。 『恋に溺れて女になる』で、私がスコット・ペックの言葉を引用していたことからの流れで。 さっそく購入。 『愛すること、生きること』。 とってもストレートなタイトル。 その第一部、冒頭。 「人生は困難なものである。これは偉大な真実、もっとも偉大な真実のひとつである。」 ここを何度も読んでみて私は、この言葉が実感として自分の中に入っていることに気づいた。 釈迦も言っていることなんだけど、ほんと、そう思う。 人生は困難なもの。 誰もが問題を抱えて、そして誰もがそんななかでひとすじの希望を見ようとしている。 眠る前の読書タイムに少しずつ読み進めている。 昼間読み始めちゃうと原稿が書けなくなるから。 一日が過ぎるのが早すぎて、あれ、気づけば締め切りまで時間がない。 そんな状況にあるから。 すわりっぱなしで腰が痛い。 先日、花を買った。 お花屋さんで目に飛び込んできた青紫のあわあわとした花。 トルコキキョウ。 強烈ではない、ふんわりとして品のよい美しさにみとれた。 こんな美しさがあればいいのに。 『愛すること、生きること』の帯にはこんな言葉が。 精神的成長という“往く人の少ない道”をいかに進むか…… みょうに、惹かれる言葉。

-ブログ「言葉美術館」