◎Tango ブログ「言葉美術館」

■あたたかな腕に抱かれて静寂のタンゴを

2020/03/31

 

 精神の脆弱さが嫌になる。

 コロナウイルスの脅威、世界中で起こっている悲劇、我が国の政治家たちの姿。

 こういう非常事態下で、あらわになってしまう人間性。

 醜い人たちがいる。愚かな人たちがいる。無知な人たちがいる。けれど美しく強い人もまた、いるのだ。

 私はなんとか美しく強く、と願いながらも、こんな調子。しっかりしてくれ私。

 

 そんななか、ふと精神が潤うのは、本や映画での感動を味わうひととき。そして音楽もまた。

 私がタンゴで踊りたい曲のひとつに「Invierno インヴィエルノ」がある。

 これを言うと、意外だという反応をされることが多いけれど、そしてたしかに、私が「大好きっ」て叫びたいくらいの曲たちのなかでは、たしかに地味かもしれないけれど、この曲を聴くと瞬間、ノスタルジー。たまらなくなる。

 原稿がなかなか進まないから、自分好みの超訳意訳を試みてみよう。

***

「Inviernoーー冬」

また、

冬がやってきた。

木々は霧氷をまとい、白い彫像のように、私をとり囲む。

愛のない私の人生。

孤独な人生。

孤独。

私はこんなに苦しく、怯えている。

冷たい風が私の魂を凍えさせ、

そして、

私は泣きたい。

そう、冷たい冬を連れてくるのは、木々に霧氷をまとわせるのは、

私の孤独な魂。

だから私は今日もまた、冷たい霧氷から逃れようがない。

***

 軽井沢の2月、氷の季節を思い出す。

 あたたかなリビングから庭の木々を眺めていたあの時間を。

 早朝、ペレットストーブの炎がゆれるリビングのカーテンを開けると、青味を帯びた薄闇のなか、枝ばかりになった木々が仄白く浮かび上がっていて、その光景に、いつでも泣きそうになっていた。

 氷の粒子を身にまとった細い木々の枝は、透きとおった毛細血管のようで、厳かな美しさがあった。

 

 私は「Invierno」を踊るとき、あの風景と、白い彫像ときらめく霧氷と、孤独とを想う。

 ああ。あたたかな腕に抱かれて、静寂のInviernoを踊りたい。

 いまは踊れないからね、せめて目を閉じて、イメージするの。

*カナロのインヴィエルノ、こちらからどうぞ。

-◎Tango, ブログ「言葉美術館」