*フェイスブック記事 ◆私のアナイス

*FB*私も「私たち」なんてだいきっらい

2017/02/08

Rmediashop_d0004392 ごきげんよう。

冬眠から覚めたらこんどは、原稿の締め切りが目前で、まったく余裕がない私。

もっと優しくなりたいのに、ぜんぜんだめ。

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 

私は先日お友だちと刺激的な会話をしたからなのでしょうか、むしょうに『ルー・サロメ 善悪の彼岸』が観たくて困っているのでございます。

ルー・サロメって、ニーチェが絶望的に愛した女であり、リルケを詩人にした女であり、晩年のフロイトの協力者であったという、ワンダフルな女性。

それで彼女の伝記映画がもう、すごくて。監督がリリアーナ・カヴァーニですから。名作中の名作『愛の嵐』を撮った方ですから。

濃厚な赤ワインみたいに酔えるのでございます。とろとろ。

 というわけで本日の言葉のプレゼントはこの映画のなかから。

***

「私たち?」

あなたが主張する「私たち」って何なの?

私は私のことしか知らない。

***

しびれるのでございます。

これって、ある女性から「私たちには女性と社会への責任があるわよねー」と言われて答えたときのセリフ。

「そうねー」という返答を疑いもしない相手に、「私たちって何?」と鋭く問いかけ、「私は私のことしか知らないっ」と言い切ったルー・サロメ。

大好き。

「ルー・サロメ 愛と生涯」って本があるのですけれど、この序文を、これまだ熱愛するアナイス・ニンが書いていて、こういう一致ってふるえてしまうのでございました。

 (『特に深刻な……』でも扱いました。34ページよ)

こちらにもごらんくださいな。映画について書いております。


-*フェイスブック記事, ◆私のアナイス